Asbestos-アスベストの恐怖-

Asbestos-アスベストの恐怖-

建物の解体作業に伴うアスベスト処理の安全管理について

築年数が長い建物の解体作業を行う場合、建材にアスベストが使用されているケースがあります。アスベストは軽量で加工しやすく、断熱性にも優れていることから建材として多用されていましたが、発がん性が高いことから現在では使用が禁止されています。古い建物の解体の際に出てきたアスベストはそのまま放置すると有害な成分が飛散して環境汚染や健康被害などの重大なトラブルが生じることがあるので、適切な方法で処理を行う必要があります。処理作業は専門知識を持つ技術者が指導を行い、防護服やマスクなどを着用して慎重に行うことが大切です。また、作業を終えた後は必ず体中を入念に洗い、僅かな量も残さないように気を付けることが健康を維持するための重要なポイントになります。建物の解体作業で生じた廃材は様々な材質の物が混ざり合っているので分別が困難ですが、環境保護と作業員の安全を両立させながら適切な処理を行うことが社会的な責務です。

アスベストの撤去処理が必要な建物とは

アスベストの危険性が指摘されてからもうかなりの年月が経ちました。ある程度高齢の方には石綿と言った方が通じやすいと思いますが、このアスベストは昔の建物などでは良く使われるものでした。それは耐火、吸音、断熱などの様々な優れた特性を持っていたからです。もし人体に悪影響さえ無かったなら、今でもあらゆる所で使われて居たことでしょう。しかし残念な事に、かつて奇跡の鉱物と呼ばれたこの天然資源は、長い潜伏期間を経た後にじん肺という病気を引き起こす事が判りました。結果、多くの建物に使われていたアスベストの撤去処理の必要性が出てきてしまったのです。粉塵を吸い込むなどの危険性が無ければ、撤去処理の済んでいない建物の中で生活していても問題はありません。ですが、穴を開けたり、解体するなどと言った時には問題が発生します。施工が1975年以前の建物には撤去処理の必要性があるかも知れないのです。もし可能性があるのなら、一度業者に調べて貰うのが良いでしょう。

Favorite

新小岩の歯科
http://www.k-dc.net/

2017/1/18 更新

『アスベスト 処理』 最新ツイート

@officerocky

石綿含有製品が廃棄物となったものについては、飛散性の有無から、「廃石綿等(飛散性アスベスト)」、「石綿含有廃棄物(非飛散性アスベスト)」に分類され、廃棄物処理法の規制内容が異なります。

15時間前 - 2017年08月22日


@Oyaj_Hage

アスベスト処理の方法ってかなり厄介だったと思う

1日前 - 2017年08月22日



ページTOP▲