Asbestos-アスベストの恐怖-

Asbestos-アスベストの恐怖-

アスベストの健康上のリスクと肺の疾病

アスベストは石綿といわれる繊維状鉱物であり、その名の通り綿のような繊維状の石であり、古代の電燈の無い世の中では、ランプの芯として使用されていた経緯がありました。高度成長期の日本では、コストパフォーマンスの点から防火材等として建物の壁や天井に使用されることや、断熱効果を期待して、鉄骨などに付着させて使用することが多く、また、ガレージの屋根などに使用されるスレートなどにも使用されていました。アスベストは断熱性、絶縁性、耐久性に富み住宅内の様々な部分で使用されてきましたが、しかしながらこのアスベストが呼吸器に甚大な健康被害を及ぼすことが分かり、2005年以降に石綿の含有製品の生産が禁止され、また、それらが使用されて建築された建物の解体を含む作業で国が定めた基準通りに解体作業を行うことが義務付けられました。石綿を吸引した20年から40年後に肺癌や悪性中皮腫などの疾病を患うことがあり、高い確率で発病すると言われています。現在では、石綿救済法という法律が制定されると、これによる健康被害者や死亡した人に医療費給付や弔慰金が支払われるようになりました。また、建物への資材としては代替品の開発が進み、現在ではリスクそのものが低くなったと言えます。心当たりがある人は早めに検査を受けることで早期発見が可能となります。

アスベストによる健康被害を避けるための心得

アスベストは石綿とも呼ばれ、軽量で加工がしやすく不燃性であることが特徴です。電気や薬品に対しても強い耐久性を持っていることから利用範囲が広く、特に建物の断熱材として広く普及していました。アスベストは鉱物でありながら繊維状であるため非常に軽く、人体に取り込むと肺がんなどの重大な疾患を引き起こす危険性があるため、現在では一部の例外を除き使用が禁止されています。日常生活の中で接する機会は殆どありませんが、法規制が施行される前に建てられた建築物には大量に使用されていることがあるため、リフォームや解体などの工事を行う際には細心の注意を払う必要があります。専用の防護服やマスクを使用する他、作業後は入念に体を洗うことがアスベストによる健康被害を防ぐための心得です。また、作業中は外部に飛散しないように周囲を専用のカバーで覆うなどの工夫を施すことも環境を保護するための条件になります。廃材として石綿を処理する場合、安全に処理するために法律で定められた手順を踏んで適切な方法で行うことが大切なので、信頼できる業者に依頼するように心がけます。地域の環境と作業従事者の健康を守るためには石綿の特徴を理解して、適切な対処法を取ることが社会的な責務です。

おすすめWEBサイト 8選

インプラント 名古屋

岐阜 注文住宅

代田橋 歯科

最終更新日:2017/7/28

『アスベスト』 最新ツイート

@ke2o960105

今話していて分かったこと 電気屋さんの死因の殆どがアスベストによる肺がん

2分前 - 2017年08月23日


@KGyngell

1970年 政府「有機水銀はただちに健康に問題はない」 2004年 「メンゴメンゴ、 やっぱ死ぬわ」 1980年 政府「アスベストはただちに健康に問題はない」 2005年 「メンゴメン ゴ、やっぱ死ぬわ」 2011年 政府「放射能はただちに健康に問題はない」

6分前 - 2017年08月23日


@gren88

せめて震災やアスベストの対策入った後の物件じゃないとちょっと。築20年くらいが限度か。

10分前 - 2017年08月23日



ページTOP▲